1 FOR ALL JAPAN 廃炉のいま、あした

1Fで働くみなさまへ

KY Book

KY Book 第1回 セルフチェック(STAR)

実行に移る前に意識を集中し考えるために、「作業の開始時」「休憩の後」「現場の状態が変化したとき(雨、風、雪、気温など)」「作業の終了時」には、セルフチェック(STAR)を行いましょう。

セルフチェック(STAR)

KY Book 第2回 ダブルチェック

知識のある確認者がチェックを行うことで、セルフチェックでは感じなかった危険に気づくことがあります。重要なステップを実行する前には、ダブルチェックを行いましょう。

ダブルチェック

KY Book 第3回 TBM( Tool ツール Box ボックス Meeting ミーティング

ダブルチェック

作業を開始する前に、関係する作業員全員で

  • ●手順書が最新版であること
  • ●重要なステップ
  • ●エラー防止に必要なヒューマンエラー防止ツール
  • ●作業員の資格
  • ●必要な安全装そう備び品・ツール・部品・工具類えいきょう
  • ●作業に影響する可能性のある進行中のタスク

などについて かく にん し、作業を正しく実行する準備をしましょう。

KY Book 第4回 CBA( Check チェック Before ビフォー Action アクション

CBA

作業開始前に現況を 認知 にんち し、
トラブルや災害につながらないようチェックしましょう

  • ●そのエリアにどのような保護された設備があるか、そこに立ち入ってもよいか
  • ●そのエリアにどのような 危険 きけん があるか
  • ●どのようにトラブル、災害を防止できるか
  • ●適切な安全 装備 そうび 品をすべて着用しているか
  • ●ほかに何かおかしな点はないか

KY Book 第5回 5S(整理せいり整頓せいとん清掃せいそう清潔せいけつしつけ

5Sがなされていれば、自然と安全な 職場環境 しょくばかんきょう が整い、意識の向上にもつながります。1〜5の順序で、やると決めたら一気に、根気を持って続けましょう。

5S

KY Book 第6回 指差呼称ゆびさしこしょう

操作そうさ時など、要所要所で指差呼称ゆびさしこしょうをすることで意識レベルが向上し、確認かくにんの精度が向上します。 あせっているときなど意識が過剰かじょうな状態でも、立ち止まることで気を静めることができます。しっかりと声に出して行いましょう。

指差呼称

KY Book 第7回 3wayスリーウェイコミュニケーション

送信者が受信者に指示をあたえる際には、おたがいに正しく情報を共有するため、3wayスリーウェイコミュニケーションを行いましょう。
wayウェイ:方法

3wayスリーウェイコミュニケーション

KY Book 第8回 注意喚起標示ちゅういかんきひょうじ

注意喚起標示

危険予知きけんよちの観点から、機器、警報けいほう、設備などへ注意喚起標示ちゅういかんきひょうじをしましょう。

  • ●標示したい設備などをセルフチェック、ダブルチェックを用いて特定する
  • ●対象の設備にしっかりと標示を設置する
  • 隣接りんせつする設備を除外じょがいするように設置する
  • ●作業が完了し、必要がなければ取り外す

KY Book 第9回 作業後TBM(Toolツール Boxボックス Meetingミーティング

作業後TBM(Tool Box Meeting)

作業が完了した後や、作業中に予想外の状態におちいったときには以下を確認かくにんし、今後のタスクのパフォーマンスを向上させましょう。

  • ●適切にフィードバックできる時間を取る
  • ●タスクの、良好に機能していること(プラス面)と、改善かいぜんの余地(マイナス面)を特定する
  • ●実際に起こったことと、計画されていたことを比較ひかくする
  • ●必要に応じて不適合報告書を起票し、改善かいぜんの機会とする

KY Book 第10回 問いかける姿勢しせいToolツール Boxボックス Meetingミーティング

不確実さやねんがあるとき、予想外の状態に直面するとき、エラーと判断されるときには、一度立ち止まり、右記を実行しましょう。

問いかける姿勢

一覧に戻る

このページの先頭へ ↑