1 FOR ALL JAPAN 廃炉のいま、あした

1Fで働くみなさまへ

安全の心得 火気作業編

火災防護の3原則(1)可燃物の徹底排除

火災防護の3原則(1)可燃物の徹底排除

火災防護の3原則(2)火気養生の徹底てってい

火災防護の3原則(2)火気養生の徹底
  • ①不燃シートに不燃テープで目張り
  • ②上部作業では不燃シートによる二重の防護
  • 溶接ようせつ作業では不燃シート+ブリキ板による二重養生(TIG溶接機ようせつきの養生は不燃シート二重でも可)

火災防護の3原則(3)火気監視かんし徹底てってい

火災防護の3原則(3)火気監視の徹底
  • ①火気専任監視員せんにんかんしいん(クラス1A作業)は専用腕章せんようわんしょうなどを着用(シールなどでも可)
  • 養生を移動しながら火気作業する場合、養生の移動の都度、養生が十分であることを確認かくにん
  • ③下部エリアがある場合には、下部エリアに監視員かんしいんを配置し監視かんし
  • ④下部エリアから作業が監視かんしできない場合には、作業エリアにも監視員かんしいんを配置し監視かんし

火気養生をしっかり行おう(1)溶断ようだん作業時の火気養生ポイント

溶断作業時の火気養生ポイント

火気養生をしっかり行おう(2)溶接ようせつ作業時の火気養生ポイント

溶断作業時の火気養生ポイント

火気養生をしっかり行おう(3)上部火気作業時の火気養生ポイント

溶断作業時の火気養生ポイント

火気養生をしっかり行おう(4)
グラインダー作業時の火気養生ポイント(足場、グレーチング上で四方に飛散する場合)

グラインダー作業時の火気養生ポイント

火気養生をしっかり行おう(5)
アースボンド作業時の火気養生ポイント

アースボンド作業時の火気養生ポイント

一覧に戻る

このページの先頭へ ↑