1 FOR ALL JAPAN 廃炉のいま、あした

新着情報

いちえふのいま

2021年2月15日

福島第一原子力発電所の廃止措置等の進捗状況(2月)

◇ 【汚染水対策】2020年内汚染水発生量抑制の目標を達成
これまで

燃料デブリの崩壊熱を冷やすために原子炉圧力容器に注水をしていますが、燃料デブリに触れることによって汚染水となった水が建屋に滞留されるため、建屋滞留水を増やさない対策を行ってきました。その対策の一部として、サブドレン(※1)や陸側遮水壁(※2)などを確実に運用する他、雨水浸透対策として建屋の屋根損傷部への補修等も行ってきました。

  • ※1 サブドレン:原子炉建屋とタービン建屋廻りにある地下水汲み上げ用の井戸
  • ※2 陸側遮水壁:建屋への地下水の流入を抑制するため、建屋の周りの地中を凍らせて作る氷の壁
1~4号機の滞留水処理の状況
今回

これまで行ってきた汚染水対策により、2020年内の汚染水発生量は約140m³/日となりました。これにより、中長期ロードマップのマイルストーン(主要な目標工程)のうちの汚染水発生量を2020年内に150m³/日程度に抑制することについて達成していることを確認しました。

1~4号機の滞留水処理の状況
  • ※3 地下水バイパス:建屋上流側(山側)の井戸より地下水を汲み上げ、建屋側に流れ込む地下水の流れを抑制
これから

今後も雨水浸透防止対策として、1~4号機の建屋周辺の敷地舗装、建屋屋根損傷部の補修を進め、2025年内に100m³/日以下に抑制するというマイルストーンに向け、引き続き取り組んでまいります。

◇ 地域の皆さまへのご案内
  

地域の皆さまを対象に、東京電力廃炉資料館の見学、福島第一原子力発電所構内の視察、質疑応答・座談会を開催いたします。
ぜひ、この機会に福島第一原子力発電所廃炉の最新状況を直接ご覧頂き、皆さまの廃炉に関する疑問やご意見をお聞かせください。

処理水を保管しているタンク群
  • 開催日程(募集人数:各日とも20名)
    • 第1回 2021年 5月15日(土)12:30~16:50 ※締切2021年4月15日(木)
    • 第2回 2021年 7月10日(土)12:30~16:50 ※締切2021年6月10日(木)
    • 第3回 2021年 9月11日(土)12:30~16:50 ※締切2021年8月11日(水)
  • 申し込み条件(以下の基準を全て満たす方が対象となります。)
    1. 18歳以上の方。
    2. 2011年3月11日時点で、田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村、いわき市にお住まいだった方、または現在お住まいの方。(上記市町村に勤務している方、2011年3月11日より以前にお住まいだった方は個別にご相談ください。)
    3. 東京電力廃炉資料館(双葉郡富岡町大字小浜字中央378)に現地集合できる方。
  • 参加申し込み・お問い合わせ先
    • 参加をご希望の方に申し込み資料を送付しますので、東京電力とともに皆さまをご案内する東双不動産管理(株)までお問い合わせください。
      東京電力廃炉資料館内 東双不動産管理株式会社
      事業運営部 視察運営グループ(松永、中島)
        〒979-1111 双葉郡富岡町大字小浜字中央378
        Tel: 080-5555-7988 / Fax: 0240-30-1140
        e-mail: 1Fshisatsuchousei@tepco.co.jp
    • ※本視察・座談会には、メディアの取材が入る可能性がございますので、予めご了承ください。メディアの取材が入る場合には、お申し込みされた方に、事前にご連絡いたします。
      ※新型コロナウイルス感染状況等により、スケジュールの変更または中止となる可能性がございますので、予めご了承ください。2021年1、2月は中止させて頂きました。

このページの先頭へ↑